三井法雲師説 御袖縋御文説教より



当流ノ安心ノヲモムキヲ、クハシクシラントオモハン
ヒトハ、アナガチニ智慧才覚モイラズ、タヾワガ身ハ
ツミフカキアサマシキモノナリトオモヒトリテ、カヽ
ル機マデモタスケテマヘルホトケハ、阿弥陀如来バカ
リナリトシリテ、ナニノヨウモナク、ヒトスヂニコノ
阿弥陀ホトケノ御袖ニ、ヒシトスガリマイラスルオモ
ヒヲナシテ、後生ヲタスケタマヘトタノミマウセバ、
コノ阿弥陀如来ハフカクヨロコビマシマシテ、ソノ光
明ノナカニソノ人ヲオサメイレテヲキタッマフベシ。
第一席 魂と相談せよ 第二席 平生業成 第三席 宿善と無宿善
第四席 一念と後念 第五席 疑晴れたら確かに成るか 第六席 三願転入と宿善
第七席 本願一實の大道 第八席 無理矢理に助ける 第九席 地獄極楽どうでもよい
第十席 目的が違ふ 第十一席 此機の儘では助からん 第十二席 自分で往くな
第十三席 遍照と摂取
終わり

この法話はPDFで保存しております、閲覧するには閲覧ソフトAdobe Readerが必要です。